エクセルヒューマンの企業理念に感銘を受けました

製造小売事業の活動を行っているエクセルヒューマンですが、ホームページをチェックしてみますと、目を見張るべき点、見習うべき点というものが幾つかありました。
物作り、そしてそれをお客様に提供するには、ただ良い物を作ることだけが重要ではありません。
もちろん、この点も大きな重要度を占めている事は確かなのですが、これにプラスして、エクセルヒューマンならではという考え方、その思いが物作りに反映されています。
まず企業理念として掲げている点で共感を受けたのは、「良い物を作り、販売するには、良い者がそれに携わる必要がある」という内容です。
人間性を養う事で、これまでとは違った考え方、感性で物作りに取り組みますと、開発される商品の中身も当然変わってきます。
また、それをどう広めていくのか等といった販売のアイディア等も、消費者目線で喜ばれる形を提案できるなど、これら全てが、結局の所お客様へ良質なサービスを提供していく事に繋がるのです。
この理念があるからこそ生まれた商品は、現在までに3000品目もあるそうで、その中には、栄誉ある受賞作品として選ばれた物や、長く愛される商品もたくさんあるそうなのです。
エクセルヒューマンという企業を私はこれまで知らなかったのですが、こういった姿勢で物作りに取り組む企業が増えていく事を、そしてこの企業の更なる成長を期待しています。