体験入居やショートステイがポイントになる有料老人ホーム

有料老人ホームを選ぶ決め手は、入居するご本人にとっていかに居心地がよく安心して暮らせるかという点です。
私たちが新しい職場に転職したり、賃貸住宅や新築マンションなどに住み替えをした場合、いかに事前にリサーチして納得して入ったとしても、働いてみたり、住んでみないと分からないことがあります。
有料老人ホームの場合も同じで、いかにパンフレットの内容が素晴らしく、口コミでも高評価で、見学に行った際の職員の対応が素晴らしく、入居者の方も楽しそうに過ごされていたとしても、本人にとって合うかどうかや、実際に長い時間を過ごしてみて安心かは分かりません。
短時間の見学では見えてこないことが多いので、まずは体験入居をしてみましょう。
体験入居はたいてい1日ないし2日程度なので、それだけではまだ不十分です。
できれば、1週間から2週間程度の期間をかけて、職員の対応などを見極めるべきです。
そこでショートステイを利用します。
ショートステイは介護保険制度の利用もしくは自費で、家族の旅行やリフレッシュのためや、利用者の保護のために施設で過ごせるサービスです。
体験入居をして本人に不満がなければ、次にショートステイをしてもらい、対応に問題がないかを見極めましょう。
有料老人ホーム〈ゆうゆうの里〉で安心と充実のシニアライフ