薬事法ドットコムを使用して、伝えたい事を消費者に発信しよう

せっかく画期的な商品の開発に成功しても、その良さを消費者に伝えられなくては意味がありません。
しかしそこで「こうすれば商品の良さが伝わるはず!」と最高の売り文句を考えても、薬事法やそれ以外の関連した法律でNGが出ていると使用する事は出来ませんね。
仕方なく似たような表現に置き換えるとしても、法律に精通していない立場からすれば、どんな表現を使えばいいのか分からない点も問題だと思います。
薬事法ドットコムで受けられるサービスの一つに、広告表現チェックがあります。
これは利用者が使いたい表現をチェックし、法律に引っかからないかどうか、引っかかるのならどの点を変更すればいいかなどを教えてくれるサービスです。
法律に精通している人達が提供しているサービスなので、自分達で分からない法律片手に悩むよりは利用したほうが、消費者に伝えたいことが伝わる表現を提案してくれるのではないでしょうか。