新しい趣味として落語を聞くようになった理由

偶然にテレビで目にした落語がとても面白く感じてから、落語に興味を持つようになったのですけれど、まさか自分がここまでハマる趣味が見つかるとは思いませんでした。
それも白夜書房から販売されている落語ファン向けの本を読んで、落語に対しての知識を深められたのも、趣味として楽しめるようになった理由の一つです。
この落語がどのようにして生まれたのか、そのエピソードを調べているだけでも、更に面白い話のように思えてくるのも、本を読んでいて良かったと思える点でした。
落語家の一門に関する記述も面白いもので、あの有名人と師弟関係にあったと驚かされる事も多く、その人が得意とする話についての情報も得られます。
そこまで得意と言われる話であれば、一度は聞いてみなければと落語のCDも買いたくなってきたりと、色んな事に興味が湧いてくる本だと言えるでしょう。
写真入りで系図を紹介してくれているので、落語家の繋がりも一目で分かりやすくて、初心者にも向いている本だと感じられています。