自宅で行える育毛と医療機関での治療

将来の薄毛を防ぐためには、まだ状態の良いうちからしっかりと育毛対策を行っておきたいところです。
自宅で行える努力としては、まずは余計な皮脂や毛穴の詰まりをとるために洗髪を丁寧にしておくことがあげられ、最近は育毛タイプの商品も多く登場しています。
さらに頭皮ローションはフケやかゆみを防ぎ、血行促進にも役立ちます。
さらにマッサージも加えておけばより血行も良くなり、固くなった頭皮も柔らかくすることができます。
このほかにも髪の成長には栄養も大切ですので、食事のバランスも気をつけたいですし、ストレスをためない、喫煙を控える、睡眠をしっかりとるなどの生活習慣の改善もプラスしておくことがおすすめです。
とはいえ、AGAは男性ホルモンの影響でも起きますので、その働きを抑えるのは自宅での努力だけでは難しいものがあります。
男性ホルモンの過剰な働きを抑えるのであれば医療機関での治療も検討したいところです。
プロペシアは前立腺肥大症の治療などにもよく採用されており、男性ホルモンのテストステロンが悪玉男性ホルモンのDHTになるのを防いでくれます。
この薬は一日一回、一錠を飲むだけですので、長期間の治療でも続けやすいのではないでしょうか。
AGA治療や植毛・育毛についての情報サイト|AGA大学